1. HOME
  2. お知らせ
  3. すでに5000社が導入。業界最安クラウドベース・リアルタイムCRMソリューションSoteriaAIのプレスリリースを行いました

NEWS

お知らせ

すでに5000社が導入。業界最安クラウドベース・リアルタイムCRMソリューションSoteriaAIのプレスリリースを行いました

業界最安クラウドベース・リアルタイムCRMソリューションSoteriaAIに関するプレスリリースをPR Timesにて行いました

米Soteria社の提供するSoteriaAI CRM SaaSサービスのプレスリリースを行いました

詳細はこちらから

本CRMはAIカメラとリアルタイムAI分析を行うSaaSサービスを組みあわせたもので、業界で唯一の”リアルタイム”分析機能を提供します。業務においてリアルタイムのフィードバックは非常に重要です。特に小売り、飲食等の即売性の高い業態では、問題に対してすぐに改善を行うことで販売機会の最大化を行うことができます。

コロナ禍においても、このリアルタイム性は非常に重要で特に店内の密集度の目安となる「ピープルカウント」や「ヒートマップ」機能で「密」状態を早期に検知し入場制限などの「対策」をまさにリアルタイムで行うことができます。また、「行動マップ」機能を使用すれば顧客の動線を把握でき、売り場レイアウトの変更により密になりにくい売り場配置をすぐに作れます。もちろんこれらの機能は今やどのCRMやカメラの機能として備わり珍しくないものですが、このサービスのユニークなところは「クラウド(SaaS)」、[AIカメラ(最低1台」で最安プラン15,000円/月で利用できる点です。また利用に際して必要なものはスマホ(アプリまたはブラウザー)とWiFiやインターネット環境です。つまりiPadを1台手元においておけばいつでも最新情報を入手できるということです。

更にうれしい機能として、AIカメラには防犯機能も搭載されており、クラウド側にも高度な画像処理機能で人間の顔認証(標準)以外にも様々な対象物の認識を行うことができます。もちろんこちらも「リアルタム」ですから、留守中に普段と異なる画像や動態検知による検知、付属マイクにより音検知、登録者以外の顔を検知した場合にはアラームを出したり、管理者に通知する機能などがもれなく付属しています

つまり昼間はCRMとして利用し、営業時間後は防犯機能に切り替えることで防犯カメラとして利用できます。また、クラウドサービスですから特に複数拠点で営業を展開する売り場を本部からリアルタイムに把握できる点もすでに5000社以上が採用している大きな理由です。

CRMの究極の目的は「顧客を行動知ることで」「売上を最大化」することです。これはPDCAサイクルをいかに早く回すかと同じ意味です。データー収集、分析自体には意味がありません。一番重要なのは(リアルタイム)「アクション」です。これこそがCRMの神髄です。SoteriaAIなら(AIカメラの納期は1週間ほどかかりますが)今日からすぐに始められます。詳細はこちらから

最新記事