1. HOME
  2. Concept
  3. CRM
  4. 人数カウント&CRM

CRM

カメラ1台でできる顧客管理

CRM

人数カウント&CRM

Soteria Cloud-Based Biometric Data Analytics

米国のシリコンバレーに本拠地を置くAIソフトウェア企業「SOTERIA」社が提供しているCRMシステムはおそらく業界で最もコスパの高いサービスです。CRMに求められる主な機能は

gender biometric analytics displayed on the soteria app

Activity Mapという機能で、店内の訪問者がどの場所に一番滞留していたかをカメラの赤外線センサーの情報を利用して可視化します。これによりどの売り場に人が集中していたかを簡単に把握できます。売り場のレイアウトや商品が予定していた通りの反応になっているかを瞬時に把握することができ、その結果をすぐに次のアクションに繋げることが可能になり、いち早く顧客のニーズに対応することができます。

Path TrackingはActivity Mapの機能を別の方法で分析したもので、訪問者の動いた軌跡を表示することができます。これにより訪問者の「動線」を把握することができ、さらに効率的な売り場設計ができます。

gender biometric analytics displayed on the soteria app

Age & Gender Distribution は顔認証機能を利用した 年齢と性別の分析機能です。訪問者の年齢層と性別が企画した通りの反応になっているかをリアルタイムに把握できるため、もし想定外の展開であればすぐに修正を加えることができます。また本情報を蓄積することで、時間帯別、曜日別、季節変動など様々な情報を得ることが可能となり、マーケティングに必要な有益な情報を提供します。

Face Recognition「顔認証機能」:本システムはAIを利用した高度な顔認証機能を提供します。特定の顔をシステムに登録しておくことで、特別にケアが必要な人物(VIP,ブラックリスト…)のリアルタイム把握が可能です。これにより上得意の来訪を把握し、差別化サービスを提供すること顧客満足度を向上させます。

Soteria dashboard displaying biometric analytics

People Counting : リアルタイム人数カウント。今の時期にすぐに応用できる機能です。店内の「密」をさけるために常に店内人数の制限を行いたいところですが、現実的に店内の人数を把握することは大変です。そのためだけに入口に専門の人間を立たせることもありますが、感染リスクやモチベーションの点で好ましくないでしょう。本サービスであればスマホひとつで現在の人数をカウントし把握できます。ゲート装置等との緊密な連携は現在開発中ですが、簡単に人数を把握する手段としては十分利用できます。また本来のCRMの目的である売り場の稼働率や混雑率にも使用できます。

soteria cameras showing biomteric analytics on soteria app

Traffic Timeline : 時間帯別の混雑度。こちらは統計機能ですが、今の状況にもすぐ応用できます。このようなシステムがない場合正確に時間帯別の①年齢、性別②混雑度合③傾向等を把握することはできません。この傾向が判れば顧客の訪問時間を調整し「密」にならないよう人数を平準化することができます。

利用のイメージは以下の動画で確認下さい